Calendar

<< 2020/3  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

子育て支援センター お誕生会

2020.02.20 (木)

こんにちは❕子育て支援センターです🎵

今日は2月生まれのお友達のお誕生会を開催しました。

ファイル 506-1.jpg

ファイル 506-2.jpg

ファイル 506-3.jpg

1歳から3歳までのお友達。
1歳だと手形をぺったんする時に、イヤイヤしたり戸惑ったりする姿が見られますが、2歳になるともうすっかり分かってやってくれます。
そして3歳になると、手形のスタンプの色からお誕生カードのちょっとしたお絵描きなど、どうしたいのかという気持ちが湧いてきます。
毎日一生懸命子育てをしていると、うっかり小さな変化をスルーしてしまうかもしれませんが、1年で大きく大きく育っています。
身体が大きくなったこと、色々なものが食べられるようになったこともそうですが、情緒の発達も目覚ましいものがあります。
脳の中を覗くことはできませんが、子どもは保護者との関わりで問題解決能力や自己制御能力が育っていきます。
この重要な部分の発達は幼少期に進むため、この基盤づくりは幼少期においてもっとも大切なことなんですよ。
難しい言い方をしてしまいましたが、どうすればいいのかな?と思ったら相談しに来てくださいね。

ファイル 506-4.jpg

パネルシアターは
『シャボン玉とばせ』
をやりました。
近頃は、春の陽気でなんだか気持ちがいいですよね。
お外でもしゃぼん玉がやりたいなと思いました。

ファイル 506-5.jpg

新聞びりびり遊びをしました。
右手で持った物を左手に持ち帰るっていつ頃出来ると思います?
9ヵ月~できるようになるんですよ。
キャップを開けるのも同じころに出来るようになります。
新聞も食べてしまうことに注意をすれば、握ってびりびりっとできるようになります。
また、新聞の真ん中に穴をあけて、
『いない いない ばぁ』
をしてみてください。
始めはきょとんとしていますが、次第にどこから出てくるのかなと予測し始めます。
新聞の向こう側にいるのに、本当にいなくなっちゃったと思うのが、人見知り時期のお子さんです。
いない・いない・ばあを繰り返すことで、いなくなってもまた出てくるのよという合図を理解します。
お手洗いにも行かれない💦
というお母さん、いない・いない・ばあ遊びを繰り返してからちょっと離れるを試してみてくださいね。

来週は、『ひな祭り』です。
申込がすでにいっぱいになってしまいました。
お申し込みされた方、楽しみにしていてくださいね💗

子育て支援センター 茶話会

2020.02.13 (木)

こんにちは❕子育て支援センターです🎵

今日は『茶話会』を開催しました。

ファイル 505-1.jpg

前半は、小さいお友達のお母さん方が集ったので、
「寝返りがまだなんです。」
「離乳食は?」
「1歳ぐらいになると?」
「人見知りが始まりました。」
というような成長に関するお話しで盛り上がっていました。
ひとつできるようになると、じゃあ次は何だろうって思いますよね。
お母さんはお子さんの小さな成長も見逃さず、それを嬉しく思いますよね。
人見知りが始まると、おトイレにも行けなくなりますよ(笑)
人見知りの頃は、
「いない いない ばぁ」
をするだけで、その場から消えてしまうと思うんですよ。
まだ、それくらいの認知能力なんです。
だから、ドアの向こうに行ってしまったなんて、永遠の別れのように感じちゃうんです。
なので、ちょっと離れる時は、
「おトイレ行ってくるね。」
「すぐ戻るね。」
など、毎回同じ短い言葉を伝えてみてください。
最初は泣くかもしれませんが、
「この言葉の時は、すぐ戻ってくるのね。」
って、体感的に覚えてくれます。
ちょっと試してみてください。

ファイル 505-2.jpg

後半は、
「電動自転車」
の話で盛り上がったようです。
私も欲しい!
買った人、どんなにいいのか私に教えてください。
そして、
「幼稚園選び」
のお話もありました。
「子どもがいいといったところ」
「子どもにあっているところ」
など。
私の観点を付け加えるとしたら、
「歩いて行けるところ。」
です。
歩いて知ることはたくさんあります。
手を繋いで、通り過ぎる犬の話や草花の話・流れる雲の話・救急車の音が通り過ぎると変わってしまう話などなど。
大人が気が付かないことに子どもは気付いてくれますよ。
なんだろう?という疑問にたくさん出会わせてあげてください。
そして、そのなんだろう?に付き合っていくと、
「知らないことを知る」
という体験になります。
この体験が、小学校に上がった時の学びへと繋がっていきます。
あとは、外の環境は整えてあげることは難しいかもしれません。
それよりも、どんな環境でも順応できる子になれば、生涯に渡って幸せに生きていけると思います。
どこに行ってもどんなところでも、
「生きる力」
を持っている子は大丈夫ですよ。
子供の力を信じてあげてくださいね。

来週は2月生まれのお誕生会です。
新聞遊びも予定していますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

子育て支援センター アトリエ彩球

2020.02.06 (木)

こんにちは❕
子育て支援センターです🎵

今日はアトリエ彩球さんによる『氷絵の具遊び』をしました。
絵の具を水で溶いて冷凍庫で固めて…。

ファイル 504-1.jpg

色付き氷❕
きれいね~✨
画用紙の上で、転がしたりくるくる回したり…。
今年は暖冬で外で氷に触れることがなかったので、楽しいですね💗

ファイル 504-2.jpg

水彩色鉛筆❕
水に溶ける鉛筆を使ってお絵描き…。初めて触れる感触にワクワク…。水に溶けると、とてもきれいな色が出ていましたよ。

ファイル 504-3.jpg
ファイル 504-4.jpg
ファイル 504-5.jpg

今日が今年度最後のアトリエ彩球さんのイベントでした。絵の具や紙粘土、氷遊びなど家庭ではあまり経験できない楽しいイベント盛りたくさんでした。また来年度も予定していますので、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。

来週のせいがのひろばは、茶話会です。1歳半以上のお子さんの時間帯の空きがありますので、チェックしてみて下さい。

子育て支援センター 節分

2020.01.30 (木)

こんにちは😊子育て支援センターです🎵

今日はちょっと早いですが
『節分』
を開催しました。

ファイル 503-1.jpg

節分はもともと中国から伝わったもので、中国でおこなわれていた病気や悪い鬼を追い払うための行事であった「追儺の儀式」が日本に伝わったことから始まったと言われています。
日本では奈良時代、疫病が流行ってしまった際に当時の天皇が悪い鬼を追い払う儀式をしたのが始まりでした。
現在のように豆まきをするスタイルになったのが室町時代からで「鬼は外福は内」というフレーズも当時からあったとされています。
また,
豆をまいて家の中にいる鬼を追い出して、気持ち新たにまた新年を迎えようという願いも込められているのです。

ファイル 503-2.jpg

お子さんたちにもわかりやすいように、パネルシアターで紹介しました。

ファイル 503-3.jpg

「鬼は外~、福は内~」
みんなで歌を唄いました。

ファイル 503-4.jpg

ファイル 503-5.jpg

お待ちかね、豆まきです!
豆入れをみんなで作ってさ、さぁ始まり始まり~👏
支援センターのお友だちはまだ小さい子が多いので、煎り豆を袋に入れてお配りしましたが、実際の豆まきには玉入れの玉を使いました。
ちょっと大きいお友だちは喜んで投げていましたね。
小さいお友だちは、鬼の顔(お面)で近寄っただけで、
「びえぇぇ~ん💦」
と泣いてしまいました。

歌を唄ったり声を出して豆を投げたりは、大人としてはちょっと恥ずかしい気がしますよね。
だけど、子どもたちは大人の姿を見真似て生きています。
大人が楽しそうにしていたら、子どもはなんでも楽しくなります。
日本の伝統行事ももちろんながら、日常のたわいのないことも一緒に楽しんじゃってくださいね!
もちろん我が家も、本気の豆まきを今年も開催しますよ~(笑)
2月4日の朝は、庭にたくさんのムクドリがやってくることでしょう。

来週は
アトリエ彩球さんの
『氷で楽しもう❕』
です。
あと1枠だけ空いていますので、ご希望の方はお申し込みにいらしてくださいね。

支援センターおたより2月

2020.01.29 (水)

子育て支援センター お誕生会

2020.01.23 (木)

こんにちは❢
子育て支援センターです🎵

ファイル 501-1.jpg

ファイル 501-2.jpg

今日は1月生まれのお友達のお誕生会を開催しました。

ファイル 501-3.jpg

1月生まれのお友だちが3人+あとから1人来てくださいました。
(あとからのお友だち、お写真に入らなくてごめんなさい。)
1歳までの子育ては、手探りで大変ですよね💦
そして1歳から2歳までは、体の成長と心の成長(俗にいうイヤイヤ期)があるので、それに付き合って過ごしていくのも忍耐が要りますよね。
お母さんBirthdayでもあるので、自分自身の成長とお子さんの成長をお祝いしていきましょう🎂
※ちなみにうちの息子も1月前半生まれ。
おとといおばあちゃんから電話が来て、
「1月生まれって、お正月が終わって油断しちゃうから忘れちゃうのよね。」
と言われました(笑)
おばあちゃん、毎年言ってますよ~!!

ファイル 501-4.jpg

ファイル 501-5.jpg

1月なので、十二支のお話しパネルシアターと、みんな大好きはたらくくるまのペープサートをやりました。

そして、お母さん対抗羽根つきを開催!!
いや~盛り上がりましたね~👏
子供の時にやった記憶はあると思いますが、大人になってからはなかなかやる機会はないですよね。
子どものお誕生日や季節の行事は、子どもがいてくれるからこそ楽しみ続けていけるものですので、お母さんもめいいっぱい楽しんでくださいね。

来週は
『豆まき』
です。
お申し込みはすでにいっぱいになってしまいました。
ごめんなさい。
お申込みいただいた方、こわ~~い鬼さん登場しますよ?!

子育て支援センター ピラティス

2020.01.22 (水)

こんにちは😊子育て支援センターです🎵
今年度3日目となる
『ピラティス』
でした💗
さいたま市南区で主に活動されている
『Kei先生』
をお招きしました。

ファイル 500-1.jpg

今回も、1歳半のお子さんとママの会と、1歳半以上のお子さんとママの会の2回開催しましたが、あっという間に枠が埋まってしまいました💦
すごい人気❣

先生から、
「妊娠中おなかが大きい時腹筋がゼロになり、産後はゼロからスタート。そのために、骨盤でだけで支える形になり辛くなっていくので、腹筋を鍛えると楽になります。」
という話がありました。
産後○○年の私でも鍛えれば良くなるの??

ファイル 500-2.jpg

ファイル 500-4.jpg

子どもたちもママの傍で一緒に参加したりお腹に乗ったり、おもちゃコーナーで遊んでいる子もいました。

ファイル 500-3.jpg

また、おうちで楽しく遊んでいたところをママが連れて来ちゃったという女の子。ママと遊びたかったので、ピラティスを始めると、泣いてしまいました。
出来ればママに参加して欲しいと思ってあれこれと策を投じましたが、気持ちは変わりません。
そしたら、
「今日はいいわ。」
と女の子と遊び始めました。
お母さんってすごいなと思いました。
きっと大丈夫ですよ。
次はお話をしてから参加するようにしたり月齢が少し上がってくれば分かるようになってきたり、また幼稚園に入園したらお母さんの時間も取れるようになりますよ。

来年度もKei先生にお越しいただいて『ピラティス』を開催いたします👏
楽しみにしていてくださいね💗

ページ移動