Calendar

<< 2020/1  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

子育て支援センター ピラティス

2020.01.22 (水)

こんにちは😊子育て支援センターです🎵
今年度3日目となる
『ピラティス』
でした💗
さいたま市南区で主に活動されている
『Kei先生』
をお招きしました。

ファイル 500-1.jpg

今回も、1歳半のお子さんとママの会と、1歳半以上のお子さんとママの会の2回開催しましたが、あっという間に枠が埋まってしまいました💦
すごい人気❣

先生から、
「妊娠中おなかが大きい時腹筋がゼロになり、産後はゼロからスタート。そのために、骨盤でだけで支える形になり辛くなっていくので、腹筋を鍛えると楽になります。」
という話がありました。
産後○○年の私でも鍛えれば良くなるの??

ファイル 500-2.jpg

ファイル 500-4.jpg

子どもたちもママの傍で一緒に参加したりお腹に乗ったり、おもちゃコーナーで遊んでいる子もいました。

ファイル 500-3.jpg

また、おうちで楽しく遊んでいたところをママが連れて来ちゃったという女の子。ママと遊びたかったので、ピラティスを始めると、泣いてしまいました。
出来ればママに参加して欲しいと思ってあれこれと策を投じましたが、気持ちは変わりません。
そしたら、
「今日はいいわ。」
と女の子と遊び始めました。
お母さんってすごいなと思いました。
きっと大丈夫ですよ。
次はお話をしてから参加するようにしたり月齢が少し上がってくれば分かるようになってきたり、また幼稚園に入園したらお母さんの時間も取れるようになりますよ。

来年度もKei先生にお越しいただいて『ピラティス』を開催いたします👏
楽しみにしていてくださいね💗

子育て支援センター ベビーフォトグラファー

2020.01.16 (木)

こんにちは😊子育て支援センターです🎵

今日は、ぴんぽんまむの高橋先生をお迎えして、
『ベビーフォトグラファー』
を開催しました📸

私は息子が小さい時に我が子が可愛いな~と思えた時は、
・寝た時😪
・ベストショットの写真を見た時👶
でした(笑)
心に余裕がなく子どもの時間に振り回されて、泣かれることを恐れて過ごしていたと思います。
そんな時、ふと可愛く撮れた写真を見ると、我に返るというか落ち着きを取り戻した気がします。
静止画って泣かなくっていいな~なんて思いながら・・・。
今回、ベビーフォトグラファーを開催するにあたって、私の子育て時代にもこんな企画があったらな~って思いました。

ファイル 499-1.jpg

ファイル 499-2.jpg

ファイル 499-3.jpg

ファイル 499-4.jpg

ファイル 499-5.jpg

笑顔でコミュニケーションをとりながらだと、いつもの自然な写真がとれるそうですよ。
お子さんの写真を撮りながら、近くにいるお母さん同士のおしゃべりが盛り上がっていました。
月齢が3カ月違うだけで、悩みも変わってきます。
そんな時、ちょっとお話しできるお友だちができると心強いですよね。
支援センターでは、気を遣わずにおしゃべり出来るきっかけになれたらいいなと思っています。

高橋先生は、ベビーフォトグラファ以外にも数々のお教室を開いていらっしゃいます。
南区が拠点ですので、ご興味のある方は足を運んでみてくださいね。

来週のせいがのひろばは、
『ピラティス』
今年度最後の開催になります。
1歳半以上のクラスはまだ若干空きがありますので、ご興味のある方は、お申し込みにいらしてくださいね。
待っています。

子育て支援センター お話会

2020.01.09 (木)

あけましておめでとうございます🎍
子育て支援センターです🎵

新年初めてのせいがのひろばは、ピーコックさんによるお話会を開催しました。
今日はたくさんのお土産をいただいちゃいました💗
ピーコックさん、ありがとうございます!

ファイル 498-1.jpg

ファイル 498-2.jpg

ファイル 498-3.jpg

ファイル 498-4.jpg

ファイル 498-5.jpg

小さいお友達も、なんだろう?という感じでお話を聞いていました。
読み聞かせは赤ちゃんの頃からしてあげると、情緒の発達によいといわれています。
様子を見ていると、0歳児の赤ちゃんでも知っている言葉が出てくると、くるっと首を回して話し手の方を見ていましたね。

“3000万語の格差:赤ちゃんの脳を作る、親と保育者の話しかけ
ダナ・サスキンド(著), 掛札 逸美 (翻訳), 高山 静子 (翻訳)“

算数、読み書き、粘り強さ、思いやり…人生の基礎は3歳までの言葉環境でつくられる!と書かれています。
また、小学校就学前までの子どもは、大人が話をしていることの50%しか言葉では理解していないと言われています。(知っている言葉を拾って解釈しています)
たくさんの言葉に触れた子供は、たくさんの事を理解する能力に長けていきますし、自分の気持ちや事柄を言葉で伝える能力も持てるようになります。
お母さんやお父さんの使う言葉は、もしかすると限られてしまうかもしれないので、たくさんの絵本や物語を読み聞かせをすることによって、多くの語彙に触れることとなります。
支援センターでは、お話会を始めお誕生会の時にも読み聞かせやパネルシアターなどを行っています。
小さいお子様から、そういった機会にたくさん触れさせてあげてくださいね。

子育て支援センター クリスマス会🎅

2019.12.19 (木)

こんにちは😊子育て支援センターです🎵

今日は待ちに待った支援センターのクリスマス会でした🎄
夫婦二人の時のクリスマスも素敵だったと思いますが、子どもと一緒に迎えるクリスマスはとっても楽しいですよね。

【サンタクロースがプレゼントをくれる理由】
そもそも、サンタクロースはなぜ子どもたちにプレゼントをくれるのでしょうか。そのきっかけとなるのが、聖ニコラオスのある出来事にあります。貧しさのために娘を身売りさせなくてはならなくなった一家がありました。聖ニコラオスは夜、その家のえんとつから金貨を投げ入れます。この金貨のおかげで、一家は娘を身売りさせずに済んだとされています。ちなみにこの時、金貨は偶然にも暖炉に下げられていた靴下の中に入りました。これが、サンタクロースが夜、プレゼントを靴下に入れてくれる話へと変わっていくのです。
【サンタクロースとクリスマスの関係】
ところで、サンタクロースとクリスマスには直接的な関係はないのに、なぜ12月25日にサンタクロースがプレゼントをくれるようになったのでしょう。このきっかけとなったのがアメリカと言われています。キリスト教には、キリストが生まれた時、賢者たちから贈り物を受けたというエピソードがあります。このエピソードと先ほどご紹介した聖ニコラオスの話が混ざり、今のサンタクロースの姿が生まれたというのです。

今はサンタクロースにプレゼントの内容をお願いして、プレゼントが届くという形が当たり前になっている子どもたち。
のちに、
「サンタクロースに頼まれて、お父さんとお母さんが用意したのよ。」
という苦しい話しへとなっていきます。
サンタクロースがいないという悲話になった時に、親子共にもの寂しくなっていく様子は、成人した長男と大学生の次男を持った私のママ友たちの話です。
最近はネットの影響で、サンタクロースの存在に疑問を抱く子どもが低年齢化しているそうです。
そんな方は、
『サンタクロースっているんでしょうか?』
9歳の女の子が真実を求めて新聞社に質問をしたという実話の本ですので、ぜひ手にとってみてください。
私のバイブルです(笑)
考えてみてください、サンタクロースの存在がいなくなって一番寂しいのは、お父さんお母さんなんです。
我が家には、まだサンタクロースがプレゼントを贈ってくださいます💗
どうしてなのかお知りになりたい方は、話しかけてくださいね。

さて、今日のクリスマス会

ファイル 497-1.jpg

保育園の園児からのプレゼントです🎁
子どもたちが歌ったり踊ったりする姿って、見ていて胸がキュンとします。
なんなら涙がでてきちゃいますよね。

ファイル 497-2.jpg

クリスマスの準備をするペネロペのしかけ絵本です。
3歳4歳ぐらいのビリビリしない年齢のお友だちにおススメですよ📖

ファイル 497-3.jpg

「サンタが街にやってくる」のブラックライトシアターです。
音楽にのってサンタクロースがやってきましたよ~♪

そしてそして、鈴の音にのってジャジャ~ン!!
今年もプレゼントを持って、サンタクロースがやってきました。

はいっ、撮影NGのプレミアム🎅さんでした~。
…というのは言い訳で、皆さんの写真を撮るカメラマンをしてしまったので、大事なブログ用の写真を撮るのを忘れてしまいました💦ごめんなさい。

来年度は1月6日(月)~支援センターは始まります。
そして、BABYフォトグラファー講座の受付もスタートしますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

それでは、MERRY CHRISTMAS&HAPPY NEWYEAR👋

子育て支援センター Smartママ体操

2019.12.16 (月)

こんにちは!子育て支援センターです。

今日は初めてのイベント
『smartママ体操』
を開催しました。

「えっ?なになに?何するの?」
って思っている方、こちらです。

ファイル 496-1.jpg

ファイル 496-2.jpg

ファイル 496-3.jpg

ファイル 496-4.jpg

冬は寒さで体をギュッと固め縮めてしまうので、ねんざや骨折が多いんですって。
私なんて骨折したら復活出来なそう💦
「支援センター、さようなら👋」
にならないようにしなきゃだわ。

KUBIREの先生、男性の先生もパワフルで素敵でしたが、もう一人のインストラクターの先生は皆さんから見たら
『素敵なマダム』
に見えませんでした?
美人だから?
姿勢がいいから?
頭がいいから?
全部当たりなんですけど、私はこう思うんです。

"自分らしく強く生きてるから"

私も彼女のように、
“控えめでも芯のある女性”
になりたいな~って思っています。
近隣の会場で開催するかも!らしいので、始まったら行ってみよっと💕
そして、先生を目指してみよう!
まずは、
体型🐷から(笑)

今週木曜日は一足先に
『クリスマス会』
です🎄
保育園児のかわいい歌を披露させていただきます。
そして、サンタの国からサンタクロースさんも来てくれるはず💕
お申し込みくださった方、楽しみにしていてくださいね。

子育て支援センター お誕生会

2019.12.12 (木)

こんにちは😊子育て支援センターです🎵

今日は12月生まれのお誕生会を開催しました。

ファイル 495-1.jpg

ファイル 495-2.jpg

ファイル 495-3.jpg

1歳・2歳・3歳のお誕生日を迎えたお友だち
お誕生日を迎えると、これまでの1年1年を思い出しますよね。
自分のお母さんをお手本にしたいこともあるけど、たいていは3歳~4歳以降の記憶しかありません。
人は言語を理解してから物事を記憶されるといいます。
だからこの年齢なんですよ。
だからお手本にしたくても、0歳から3歳の子育ては手探り状態なので大変なのです。
お母さんになった記念の1歳・2歳・3歳おめでとう・・・そしてよくがんばりました!ってお伝えしたいです。
手探り子育てに悩んだら、いつでもご相談くださいね。

ファイル 495-4.jpg

そして、もうすぐクリスマス🎄
制作はサンタクロースとトナカイを作りました。

ファイル 495-5.jpg

そしておもちゃのチャチャチャのブラックライトシアターです。
歌ったり手拍子をしたり…楽しい時間でした。

来週は、申込制のKUBIREとクリスマス会です。
時間が変則になっていますので、(とくにクリスマス会は10:15~受付になります。)お気を付けください。

子育て支援センター キャンドルメイキング

2019.12.05 (木)

こんにちは😊子育て支援センターです🎵
今日は、講師の先生をお招きして、Christmascandleの制作をしました。

ファイル 494-1.jpg

始めはこんな感じ。

ファイル 494-2.jpg

ピザ?

ファイル 494-3.jpg

とんがりさんにピザ(?)をくるくる巻いて出来上がり💗

ファイル 494-4.jpg

みんなの作品です。

ファイル 494-5.jpg

そしてみんなの様子です🎵

後半の大きいお友だちは、やる気満々でした。
クリスマスの準備を少しずつ進めていけると楽しいですね🎅

来週は12月のお誕生会です。
クリスマス制作も考えていますので、楽しみにしていてくださいね🎄

ページ移動