Calendar

<< 2020/1  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

子育て支援センター お話会

2020.01.09 (木)

あけましておめでとうございます🎍
子育て支援センターです🎵

新年初めてのせいがのひろばは、ピーコックさんによるお話会を開催しました。
今日はたくさんのお土産をいただいちゃいました💗
ピーコックさん、ありがとうございます!

ファイル 498-1.jpg

ファイル 498-2.jpg

ファイル 498-3.jpg

ファイル 498-4.jpg

ファイル 498-5.jpg

小さいお友達も、なんだろう?という感じでお話を聞いていました。
読み聞かせは赤ちゃんの頃からしてあげると、情緒の発達によいといわれています。
様子を見ていると、0歳児の赤ちゃんでも知っている言葉が出てくると、くるっと首を回して話し手の方を見ていましたね。

“3000万語の格差:赤ちゃんの脳を作る、親と保育者の話しかけ
ダナ・サスキンド(著), 掛札 逸美 (翻訳), 高山 静子 (翻訳)“

算数、読み書き、粘り強さ、思いやり…人生の基礎は3歳までの言葉環境でつくられる!と書かれています。
また、小学校就学前までの子どもは、大人が話をしていることの50%しか言葉では理解していないと言われています。(知っている言葉を拾って解釈しています)
たくさんの言葉に触れた子供は、たくさんの事を理解する能力に長けていきますし、自分の気持ちや事柄を言葉で伝える能力も持てるようになります。
お母さんやお父さんの使う言葉は、もしかすると限られてしまうかもしれないので、たくさんの絵本や物語を読み聞かせをすることによって、多くの語彙に触れることとなります。
支援センターでは、お話会を始めお誕生会の時にも読み聞かせやパネルシアターなどを行っています。
小さいお子様から、そういった機会にたくさん触れさせてあげてくださいね。